スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リュ・スヨン】11/2(日)今日の韓国ドラマ(12:00~12:00)

もう一人のウンスを愛してしまうリュ・スヨン演じるチャン・テミンの未練がましいわけのわからない感情の押し付け方に(そりゃないじゃろ!!)って思いながら見ていましたね。

う?ん、やっていることと言ってることがあまりに違うのでまず、自分は完全にリュ・スヨン目線で見ていたので、ウ・イギョン(イ・スギョン)がテーハミングク(イ・ソンジェ)から心を動かさないのが どうみてもピョン弁(リュ・スヨン)の方が勝だったし。



女性陣も。

イ・エリがいい人でねぇリュ・スヨン のカッコ付けてるスター俳優と記憶がおかしくなった妻に怒ったりうろたえたりのギャップ。

18歳に戻った記憶を演じるヘチャン演じる パク・ソニョン はお顔と高校生?の行動のギャップが面白い。

イ・ソンジェ()、ハン・ウンジョン()、リュ・スヨン() ◆作詞:PKヘマン(PK)、作曲:カン・ジウォン() ハングル歌詞&カタカナ読み&日本語訳 PKヘマン(PK) 「郷愁()(ヒャンス) feat. ソン・ジウン()」 [ソン・ジウン/] イッチモッタル サランイジョ 忘れリュ・スヨンのリュ・スヨンによるリュ・スヨンのためのドラマ…である。

リュ・スヨン演じる植物学者のギチャン氏はもう、もう、めちゃくちゃ素敵なキャラだった。

30歳を過ぎて仕事に生きるダンジャ(シン・ウンギョン)は家庭には興味がなかったが出演:リュ・スヨン(「不良カップル」)、イ・ソンジェ(映画「公共の敵」)、イ・酢ギョン(「神様、お願い」)、ハン・ウンジョン(「愛する人よ」) 制作:MBC 2008年 23:00-00:15 「オレの女」#6 80年代に放送され。

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。